デジタル時代の経理をリードし、
中小ベンチャー企業様の経営力強化に貢献して参ります。

デジタル時代の経理をリードし、
中小ベンチャー企業様の経営力強化に貢献して参ります。

経理から解放されたい方向け

経理部を持たずに経営しませんか?

ベンチャー企業が一から経理の体制を構築するのは大変なことです。

会社が成長すると自社で経理を行うことが一般化していますが、

クラウド時代の今、誰が経理を行ってもタイムリーな月次決算が可能です。

テレワークを促進するためにも、経理部を持たずに経営しませんか?

   

このようなベンチャー企業様にオススメです

  社長自らが片手間で経理を行っている  
  会計事務所に紙ベースで記帳を委託している  
会計事務所から自計化すべきと言われている
早急に月次決算の体制を構築する必要がある
経理のことを気にせずテレワークを促進したい
資金繰りで慌てることのない経営をしたい

 

 

経理部レンタルサービスとは

ベンチャー企業向けにパッケージ化された経理部をレンタルできるサービスです。
クラウドERP freeeで情報を共有し、デジタルにオンラインで経理業務を代行します。

導入後のイメージ.png

 

freeeを使う理由 

  クラウドだからどこでも使える  
   Macスマートフォンでも使える   
連携できるシステムが多い
全体最適化を図れる
上場後も使い続けられる

freeeの詳細はこちら

 

サービスの特長

無題6.png

  

メリット

会社で経理を行う場合と比べ、多くのメリットがあります。

無題7.png

  

 

お客様に行っていただくこと

すべてをPC又はスマートフォンで行っていただくため、
テレワークでも経理が滞ることがありません。

無題5.png

(注)上記以外の業務が発生する場合がございます。  


 

サービス料金

取引件数での課金がないため、安心してご利用いただけます。

無題8.png

       (注1)基本、オプションとも、システムの利用料は含まれておりません。
       (注2)従量の単位は、会計freee、人事労務freeeのユーザー数です。
       (注3)初期費用には、システムセットアップとデータ移行(当年度分)が含まれています。
       (注4)税理士業務、社労士業務は、提携の税理士又は社会保険労務士が提供します。
       (注5)最低契約期間は1年間となります。

 

 

特記事項

 

 1   業務分担、業務手順は当社所定の標準業務フローに従って頂きます。
2  原則すべての従業員様にfreeeを利用して頂きます。
3  小口現金は廃止し立替払いに変更をして頂きます。
4  すべての預金口座でインターネットバンキングの契約をして頂きます。
5  従業員様とはメールでやり取りをさせて頂きます。
6  取引先様、従業員様への振込は原則月2回までとなります。
7  税金はダイレクト納付の手続きをして頂きます。
8  証憑の原本はお客様にて保管して頂きます。

 

 

 

 運用開始までの流れ

パッケージ化されたサービスであるため、最短1ヶ月でスタートできます。

無題4.png

 

 

お問い合わせ
 
詳細説明や御見積などを希望される場合は、お気軽にお問合せください!
 
button_500-100_maru_02_go_blue.png

 

 

利用実績(一部) 

 

図1.png  
会社名:AnyTech株式会社(JFEエンジニアリング子会社)  
業種:AI関連サービス業

 

 

 よくある質問


Q.会計freee以外のシステムで経理を代行してもらうことはできますか?

A.いいえ。パッケージ化されたサービスのため、freeeの利用を前提条件とさせて頂いております。

Q.会計freeeのプランに条件がありますか?
A.はい。ベーシックプラン以上の利用が条件となります。

Q.会社に経理部があっても利用できますか?

A.はい。経理部がなくても大丈夫というコンセプトですので、経理部があっても全く問題ございません。

Q.月次決算はどのぐらいで確定できますか?
A.翌月第5営業日に確定するスケジュールが標準となります。

Q.途中で自社で経理を行う形に切り替えることはできますか?

A.はい。
  システムを変えず、当サービスのやり方をそのまま引き継いで頂くことができます。
  切り替え時には、経理担当者様への引継ぎを行わせて頂くことも可能です。
  なお、切り替えが可能になるのは、利用開始から1年経過後となります。

Q.顧問税理士や顧問社労士と連携してもらうことはできますか?
A.はい。

Q.紙の証憑はすべて保管する必要がありますか?
A.いいえ。電子帳簿保存法の電子取引保存に対応していますので、紙で受領した証憑のみを保管して頂きます。

Q.部門別の損益管理は可能ですか?
A.はい。ただし、給与計算を当社が代行する場合は、
  会計freeeはプロフェッショナルプランのご契約が必須となります。

Q.予算管理はできますか?
A.はい。ただし、会計freeeのプロフェッショナルプランのご契約が必須となります。


Q.棚卸資産、固定資産などの現物管理は行ってもらえますか?
A.いいえ。現物管理はお客様に行って頂くことが前提となります。

2020.11.27 Friday